Skip to content

浄水器の必要性、塩素とは

塩素は病院や学校などの公共施設はもちろんの事、各家庭でも消毒として用いられる薬品です。

また、一定量であれば食品添加物としても認められています。赤ちゃんの哺乳瓶を薄めた塩素水で消毒し、洗わずに用いることもあります。日本の水道水は、基本的には加熱せずにそのまま飲むことが出来ます。浄水場で、濾過、殺菌した後、各家庭に無菌状態で水道水を届けるために塩素を添加します。塩素を添加しないと水道管を通って各家庭に水を届ける間に、菌を拾い伝染病を広めてしまう可能性があります。ですから、塩素添加はとても大切な事です。

しかし、塩素は薬品の一つです。金魚などは塩素添加のしてある水道水の中では生きていく事が出来ません。そのため、飼育動物の水を得るために水道水を一定時間、太陽の光に晒したり沸騰させて冷ましてから用いたりします。我々人間も沸騰させた水を飲むと塩素はかなり除去できるのですが、日々の生活の中でそのまま水道水を口にする機会が多いでしょう。水道水はほぼ毎日口にするものですから、かなりの塩素を摂取してしまいます。浄水器を利用する事で塩素を除去する事が可能です。浄水器を使い出すと、普通の水道水のカルキ臭さを感じるようになります。

塩素は食品添加物としても認められていますから、ある程度口にしたからと言ってすぐさま体に害を及ぼすとは考えにくいです。しかし、発がん性物質でもあるトリハロメタンを生成するとも言われており、除去しておくに超した事はないでしょう。浄水器はしっかりと用法を守らないと、除去したはずの塩素が出てきてしまう場合もあります。信頼出来る商品を正しく使用すると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *