Skip to content

浄水器の種類やメリットとデメリット

浄水器には種類がありますが、一般的なのが濾過装置を蛇口などに取り付けてそこから水を出すタイプです。

そして中でも定番なのが蛇口の先端に装着するタイプの浄水器です。メリットは簡単に取り付けが可能なことであり、蛇口の先端のねじに装着するだけです。価格が手頃な商品も数多くありますので導入コストも掛かりません。ただし、先端にねじがないタイプの蛇口ですと根本的に装着ができないのがデメリットです。続いて挙げられるのが蛇口に内蔵させるタイプですが、蛇口と一体化していますので邪魔になるようなことがありません。

また、見た目も比較的スッキリしていますので、機能性と審美性を求める方に適していると言えます。デメリットはコストが掛かってしまうことです。定期的にカートリッジを交換する必要がありますが、ホームセンターでは売られていないことが多く、メーカーからの購入になる為、維持費が掛かり易くなってしまいます。最後に浄水器専用の蛇口を設けるタイプですが、浄水器専用というだけあって高性能なのが大きなメリットです。

濾過性能が非常に高いものもありますので、水の味を落としたり有害性のある物質もしっかりと除去することが可能です。デメリットは新築の時ではないと導入し難いことです。後から導入することも可能なものの、工事が必要でありコストも掛かってしまいます。また、カートリッジもメーカー購入が基本ですので、維持費も高く掛かってしまう傾向があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *